FC2ブログ

豚ももカツ、トマトソースかけ・筍とわかめの卵スープ

昨日は書きたいことがたくさんあって書ききれませんでした。
早速ですが、昨日の夕食です(*^_^*)♪

豚ももカツのトマトソースかけ

豚もも肉でカツを作りました。それだけではブログの記事にはならないかなあ・・?と思い、トマトソースも作ることにしました(*^_^*)v

カツは皆様もご存知の通り、塩こしょうして、小麦粉・卵・パン粉の順につけて油で揚げます。
そして、トマトソースもご存知の方も多々いらっしゃるでしょうが、書いておきます♪

トマトソースの作り方

1.鍋にオリーブ油を熱し、にんにくのみじん切りを入れる。(辛くしたい時は唐辛子の小口切りも。粉々にして入れてもいいです)
2.香りが立ったら、玉ねぎのみじん切りを入れてしんなりするまで炒める。
3・トマト缶一缶またはトマトを小さく切ったもの(数個分)とブイヨンを入れ煮る。(ローリエ入れるならこのあたり)
4.砂糖を10gぐらい入れる。
5.好みの味付けにする。(たとえば、塩・こしょう、ウスターソースなど。ケチャップを少し入れてもよい。)


玉ねぎだけでなく、人参、セロリ、キノコ類などを入れても栄養たっぷりになって美味しいソースになります❤
そうそう、今回入れ忘れましたが、ローリエの葉を入れたら香りもよくなるし、味にもコクが出ると思います。
そして、昨日のスープは、筍とわかめの卵スープ(水菜入り)でした(*^_^*)♪

筍とわかめの卵スープ

別に筍と卵のわかめスープでもいいんですが、なんとなく。
今回もいつものように、鶏がらスープの素を使って簡単に作りました。
スーパーで鶏ガラが売ってあったので、今度鶏ガラスープを鶏がらから作ろうか、と思案中です(*^_^*)実家のカレーは鶏ガラスープを作って使っていた時期がありました。(今はしていませんが・・)

1.熱湯に、鶏ガラスープの素を入れ、味を見、よかったら筍を入れ一煮立ちする。
2.スープをかき混ぜてすぐに溶いた卵をお箸につたわせながら流し入れる。(お箸を使わなくても細く入れられるならそれでいいです)こうするとふわっとした感じになる、と今は亡きおばあちゃんに教わりました。
(ゆみぴい、結構おばあちゃんからの教えが多いです。)
3.ワカメを戻したものとねぎを切り、食べる直前に入れる


シイタケも入れればよかった~と後で思いました(>_<)このメニューじゃキノコ類が入ってない~
というわけで、椎茸がある方は入れた方が栄養分が増えていいと思います(*^_^*)♪

ランキング参加中


ブログランキングバナー
↑『ぽちぽちぽち』っとよろしくお願いします❤<(_ _)>
励みになります(*^_^*)♪

さて、バングラ人のお友達のおうちに遊びに行った話です❤

出迎えてくれてびっくりしたのが、お~~~民族衣装♪って感じの服を着ていたことです。
でもとても可愛い感じで、ゆみぴいも着てみたいな❤が感想です(*^_^*)
おこちゃまもあまりしゃべりませんが、娘(遠足から帰ってから行くか聞いたら行くとのことで一緒に行きました)とボール転がしやアンパンマンの手押し車(?)←なんていうのだっけ??で遊んで楽しそうでした♪

お部屋の感じは、きれいに整頓されていて各所にヒンズー系の小物類が置いてありました。が、意外とシンプルでした(*^_^*)
チャオリュース(たぶんそう言った)というつまみのような辛い系のお菓子を出してくれて、「これは実家の兄がよく食べるのだ」と話してくれました。少し後から引く辛さでしたが、美味しかったですよ❤
ビールのつまみによさそう
あちらでは、両親の前でお酒を飲むのははしたないそうで、飲む時は友達同士で飲むとのことです。イスラム教はアルコール禁止なのだそうですが、内緒で飲んでる人もいるとかいないとか^m^??
へ~~~~~って感心です(*^_^*)

娘にはキャベツ太郎とオレンジジュースを出してくれました。
そこで、あちらでは、けがをした時は酸っぱいものを飲んではいけない習慣がある、ということを教えてくれました。お医者さんはいいと言うそうなのですが、親はいけない。と言うそう。
現に、お子さんがけがをしていたのですが、飲ませていませんでした。

壁にはインドの女性の神様二人のポスターを貼っていました。
なぜ神様だと分かったかというと、私の妹が占い好きで(ゆみぴいとは方向性が違うのですが)、女性の神様たちのカードを持っていてこれで占うと言っていた中に、インドの神様として載ってあったので見たことがあったのです。
やはり、信仰深いですね。一日に何度かお祈りするそうです。

そして、ゆみぴいのだぁい好きなチャイを出していただきました(*^_^*)
甘々でシナモンスパイスの利いたチャイでした❤茶葉も本場のを使ってるそうでうれしい~^m^キャピ♪

民族衣装風の洋服、今度一枚下さると言うのですが、ほんとに頂けるのかしらん??
これは日本文化もどんどんお伝えしなければ!!と気合が入るゆみぴいでした^m^エヘ❤

時に仕事の関係で韓国に居たり(出産は韓国でしたそうです)、母国に帰ったりしていたそうですが、日本には割と住んでいる期間が長いようで、以前は英語の教師もしていたそうです。
これは英語も教えてもらうべきか??辞書片手だな・・・
(バングラディシュはバングラ語と英語が必須のようで、お子さんの行く先を悩んでおられました。
今お子さんはバングラ語と英語と日本語を憶えなくてはならないと。)
ゆみぴいは3ヶ国語もしゃべれたらうれしいな❤(日本語もままならないのにね(>_<))
  1. 2008/04/23(水) 23:00:00|
  2. 料理 ソース・つゆ・たれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
前のページ